キャッシュレス決済と現金の決済とではどちらが本当は良いのか?

キャッシュレス決済と現金の決済とではどちらが本当は良いのか?

実際のところ、得策はどっちなんだ?

 

昨今、世界では決済手段としてキャッシュレス決済が主力になっています。

 

日本も同様で以前に比べるとキャッシュレス決済が世の中に随分と広まってきました。

 

しかし、日本ではまだまだ現金派の方が多数を占めています。

 

今更感はありますが、実際のところ、「キャッシュレスと現金での決済ではどっちの方がイイんでしょうか?」と思われる人もいらっしゃると思います。

 

そこで、自分なりに見つけた最適解を簡単に説明していきます。

 

世界ではキャッシュレス決済は主流だが、日本では、ひと昔と比較すると、そこそこ社会に浸透してきたが、まだまだ現金派の方が多数を占めます。

 

では、実際には決済手段として利用した場合、キャッシュレスと現金ではどちらが得策なのか?

 

ちょっと今更感のある疑問なんで、自分の胸の中だけに閉まっておいたが、最近、ふと考えることがある!

 

そこで、自分なりにどちらを利用した方が良いのか?得策なのか?についてリサーチしてみた!

 

モノやサービスと引き換えに決済する手段として、現金とキャッシュレスではどちらがお得で便利か?

 

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とはクレジットカードや交通系ICカード、電子マネーやポイントなどを利用して買い物ができる決済サービスです。

 

 

(メリット)
一番大きいメリットは、現金を持ち運ぶ必要がなく、引き出さなくてもいいという点でしょう!

 

ATMに行く手間が省けますし、このご時世だからこそ、お金に触れずに様々な場面で決済ができるの点で衛生的です。

 

 

また、オンラインショッピングの場合、キャッシュレス決済ならスムーズに、そして便利に決済することができます。
クレジットカードで買い物すると、ポイントが貯まるというのもメリットの一つです。

 

(デメリット)
現金がなくても買い物ができるため、お金を使っている感覚がうすれがちになります。
その結果、無駄遣いを誘発してしまうケースもあります。
また、クレジットカードでリボ払いを利用していると、高い金利を支払っていることになります。

 

また、ハッキングされ大切なお金を不正利用されるリスクもあります。

 

日本はお金を製造する技術が高く、治安が良いので、
『①お金が偽造されるリスクが極めて低い』『②治安が非常に良いのでお金を盗まれたりするリスクも海外よりかなり低い』ため、現金派の方が多数を占めます。

 

 

では現金を決済に利用する場合はどうでしょうか?
現金についてみていきましょう!

 

現金で決済

決済で現金を利用する、日本で最も主流な決済方法です。

 

(メリット)
一番大きいメリットは「収支が把握しやすい」ということでしょう!
財布に現金が入っていると残高が把握しやすく、入っているお金の金額以上は使い過ぎる心配もありません。
また、昨今急増中のハッキングによる不正利用や個人情報の漏洩といったリスクを持ちません。

 

 

(デメリット)
デメリットは、キャッシュレスとは全くの正反対で、現金を持ち運ぶ必要がありますし、ATMで出金する手間がかかることでしょう。
もちろん、手数料も発生します。

 

手持ちにお金がないと買い物ができず、急に夜や休日にお金が必要になった場合にコンビニなどで引き出すと時間外手数料がかかり、割り高になってしまいます。

 

また、オンラインショッピングの場合は、現金で決済しようとすると代引手数料や振込手数料が必要になり、余分なお金もかかります。

 

また、新型コロナウイルス感染予防のため、誰が触ったかわからない現金に触れたくありませんよね!特に、お店などで買い物した際、小銭でのやり取りが面倒くさい。
もし、キャッシュレス決済なら楽ちんですもんね!

 

以上の通り、キャッシュレス決済と現金決済では、対極の関係性があり、どちらもメリット・デメリットがあります。

 

つまり、キャッシュレス派と現金派ではどちらが得策か?といった問題には正解も不正解もありません。

 

お互いの長所を使い分けるには、やはり、時と場所を選んでキャッシュレスと現金を賢く使い分けることが最適解なのではないでしょか?

 

どちらの方法も臨機応変に使い分けて、スマートな生活を送りましょう!